2006年09月13日

実家の両親にテレサポートしてもらいたいけど

俺の加入しているメーリングリストに、FOMAによる視覚障害者の遠隔支援(テレサポート)の情報がよく流れてくる。今日もその情報が届いていて、俺の持っているらくらくフォンは、拡大機能がついているので、これを使うと読みにくい小さな文字もはっきりと読めるようになると書いてあった。
ケータイを変えてちょっと暇ができると弄り回している個々数週間の俺だが、せっかくテレビ携帯電話に変えたのに、テレサポートの実験をやっていない。この前、実家の母ちゃんとテレビ電話で話せるかどうかの実験はしたが、本格的にこれを使って助けてもらう実験はしていなかった。思い立ったらやってみたくなるのが俺の修正なので、すぐに母ちゃんのケータイに電話して実験をすることにした。
ためしに、コーヒー豆に張ってあるラベルを読んでもらったところ、確かに標準の状態では、文字が書かれていることは認識できるものの、小さすぎて読めないといわれた。そこで、上矢印ボタンを2回ほど押して、外側カメラで写してみたところ、「パプアニューギニア」という文字がはっきり見えるという。
これは案外便利だと思って、整理していなかった名詞を読んでもらおうと思ったが、実家の電波状態が悪いせいで、しょっちゅう音声が途切れて使い物にならない。ひとつ読んでもらうのに、10分ぐらいの時間がかかる。結構期待していたのに、これでは悲しい。
あきらめるのも癪に障るので、なんとかいい解決策を考えてみた。
 電波状態が悪いのはなぜか。それは実家が田舎だからだ。実家を引っ越させるというのがもっとも単純な解決策だが、まったく持って現実性が無い。そうすると、FOMAをあきらめて、ほかの手段でテレビ電話を使うしかない。NTTからIPテレビ電話用の端末が発売されているのでこれを使えばなんとかなるはずだ。でも、ちょっとこにも問題がある。端末の値段が高すぎることだ。調べるのが面倒なので記憶をたどっているだけだが、確かこの端末、60000円ぐらいしたはずだ。実家と俺のアパートにこの端末を導入するとなると、120000円ぐらいかかってしまう。
Skypeのビデオチャット機能は同だろう。幸いなことに実家にはADSL回線が来ていて、くだり2.4MBPSぐらいの速度が出る。これならたぶん、回線状態が悪くて使えないということは無いだろう。Skypeの使えるパソコンを実家に用意しなければならないという問題はあるが、これだけが目的なので、Dellの安いノートパソコンとかを駆っておけばよさそうだ。今は8万円も出せばいいノートパソコンが買えるし、期間限定ではあるが、Core2Duo搭載のノートパソコンが79980円とかいう話もある。テレビ電話を2台導入するよりもはるかに安く実家にテレサポートをしてもらえる設備を導入できる。
ただし、これにもちょっとした問題がある。親父はともかくとして、母ちゃんがパソコンなんて使えるだろうか。ちょっとした機械でも弄り回していてわけがわからずに放り出してしまうおばさんに、Skypeの操作ができるだろうか。職業柄パソコンを教えるのはそんなに苦手ではないが、ちょっとなぁ、悩んでしまうなぁ。

Posted by tomg at 2006年09月13日 01:43 | TrackBack
Comments

Antipo has drini
蓚 闊鉈 http://yggk0e.org/wwf-divas-in-thongs.html [url=http://yggk0e.org/adult-lactation-adult-breast-feeding.html ]蒟矼髓 轢鼕[/url] 釶鉗鱶 windows http://opz22b.org/girls-wearing-g-strings.html [url=http://yggk0e.org/frontal-male-nudity.html ]關鉐跪鴃 痳髀諤鴉 闔齏 韲謌褌[/url] 骼瘤 褓繿鴈 http://opz22b.org/milf-archives.html [url=http://yggk0e.org/jessica-simpson-sex-tape.html ]竡頽鉅 鞳痳邇[/url]

Posted by: Edwin at 2007年05月15日 22:36
Post a comment









Remember personal info?